溶かなくても卵料理はできます

卵料理で温泉卵を作る

溶かなくても卵料理はできます 温泉地に行くと必ずと言っていいほど売られているものに温泉卵があります。見た目は普通の卵です。もちろん特別な卵を使っているわけではないでしょう。注意としてはゆで卵のように食べるものではないことです。半熟状態なのですが、白身がしっかり固まっていない状態です。そのために勢い良く割ると生卵のようにしたに落ちて食べられなくなってしまいます。白身はきちんと固まっていると思っている人がいますがそれは間違いです。

卵料理として温泉卵を作るのであればその仕組を知っておきます。一般的には卵は黄身が70度で固まり、白身は80度で固まるとされます。黄身が固まる温度より少し低めの温度を保ち続ければ、黄身はそれなりに固まるものの白身は少し火が通る程度になります。そのことから温度管理をしっかり行えば作れるとされています。温度計を見ながら作るのは大変です。簡単に作る方法としては、カップ麺の容器を利用する方法があります。

食べ終わった後のカップ麺の容器を残しておきます。そちらに生卵を入れて熱湯を注ぎます。そしてそのまま10分ほど待ちます。こうすることによって温泉卵ができる環境が維持されるのです。耐熱容器などを使うとその代わりになります。

Copyright (C)2019溶かなくても卵料理はできます.All rights reserved.