溶かなくても卵料理はできます

卵料理で意外に難しい卵かけご飯

溶かなくても卵料理はできます 魚を生で食べる地域は世界においてはあまりないとされます。日本はそのうちの一つです。その他韓国で生で食べる事があるようで、ヨーロッパでもオリーブオイルにつけたりして食べることはあるようです。日本においては魚が新鮮であることと、生で食べられるものと食べられないものの区別がはっきりできていることから生食が進んだのでしょう。その他に生で食べられるものとしては卵があります。こちらも外国では食べられないところが多いです。

生卵に関してはサルモネラ菌がいる場合は生食はできません。しかし日本のものはその心配がないと言われています。卵の味を味わうのであればやはり卵料理としては生卵で食べる卵かけごはんになるでしょう。この時には産みたての卵を利用したいです。スーパーなどではなく、卵の生産農家の近くで売られているものを購入します。産みたての卵は白身さえも水っぽさがありません。黄身は濃厚です。これをかき混ぜてご飯にかけるだけです。

好みによりますが、白身が嫌な人は黄身だけで行ってもいいでしょう。味付けに関しては醤油やソースの人がいます。専用のソースがあり、それは卵とご飯がぴったりあったものになっています。専用醤油ならより美味しく作れます。

Copyright (C)2019溶かなくても卵料理はできます.All rights reserved.