溶かなくても卵料理はできます

卵料理は簡単に美味しく調理できる。

溶かなくても卵料理はできます 卵料理では、さまざまなメニューで調理することができます。まず単純なのが、溶き卵に醤油をかけただけのものです。御飯にかけるだけで、美味しく食べられます。最近は卵かけ御飯の店があるらしく、定番の食事とも受け取れます。スクランブルエッグも、ハムや野菜を添えれば立派な朝食にも繋がります。プレーンオムレツは、バターをフライパンに塗って溶き卵を温めて焼けばそれだけで出来上がりです。忙しい時など調理に工夫をする暇がなくても、卵料理は短時間で作ることができます。

菓子類にも卵は欠かせません。ホットケーキを作るのにも、卵があるのとないのとでは大きな違いが出ます。プリンにも欠かせず、市販の素を使えば冷やす時間以外は時間はかかりません。贅沢な試みは、くずしたゆで卵にマヨネーズを加えた卵サラダをふんだんに使うこと。サンドイッチ以外にも使うことで卵料理の美味しさを大いに享受できることでしょう。海外でも、例えばスペインでは卵を使う料理もメインメニューとして扱われます。しかしイギリスでは、朝食で目玉焼きをブラックプディング(豚の血を腸詰の中に加えて作る料理)に添えて食べることがあり、卵料理の味を引き立たせずに相対化させる雰囲気があります。

Copyright (C)2019溶かなくても卵料理はできます.All rights reserved.